かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 紫陽花 | TOP | 影 >>

2007.06.12 Tuesday

かわせみブルー 大人組

●愛読書 「大人組」/編集・発行 プラネットジアース


毎月、個性的な表紙で楽しませていただいてます。

最新号の7月号表紙は美しい「かわせみブルー」。
神秘的な碧(あお)、吸い込まれそうなうず巻きに、見た瞬間くぎづけ。

巻貝のうずをイメージしたようなバックに、
魚の骨と思われる白い物体が浮かび上がっています。

とてもシュールなデザイン。

表紙撮影への並々ならぬこだわりを感じます。


さて、特集の内容は、「瀬戸内を喰らう」、「海宿に泊まる」。

瀬戸内の海は、プランクトンが多くて栄養豊富。
夏でも美味しい魚をぞんぶんに味わえるそうです。

巻頭に登場する海宿は、割烹旅館「志みず」さん。
こちらの「ワタリの焼きガニ」は、カニを生きたままお酒で酔わせ、
じっくり焼き上げるという代物。
甲羅を割った写真には、カニミソがたっぷり。
見てるだけで、もう垂涎ものです。

磯の香りが漂ってきそうな一冊。
かわせみブルーとともに、ひと足早く、夏の海を堪能させていただきました。


コメント

コメントする









▲top