かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 【書道サロン/京都】 9月 細見美術館 かわせみ書道サロン 定例講座開催 | TOP | 【書道・篆刻教室/京都】 9月 らん布袋教室 定例講座開催 >>

2016.09.28 Wednesday

錫の書/京都 香老舗 「林龍昇堂」

今年4月、京都のギャラリー・紅椿それいゆで開催した「和鏡&書 〜ひかり いのり〜」。

鏡師・山本晃久さんとコラボレーションさせていただいたこの企画展で、
金属を使った立体的な書作品「錫の書」が生まれました。

※「錫の書」の展示風景、作品解説はこちら(2016年4月) >>>
 

その新作が、京都の香老舗 林龍昇堂さんの店頭に展示されています。

 

「龍」

店名の一文字を書いた「錫の書」は、林龍昇堂さんからのオーダー。
世界唯一のオリジナル作品として、山本さんと制作させていただきました。

デザインのご要望は…

「龍が昇るがごとく、お香の煙が立ち昇るがごとく、躍動感のある作品」

クライアントの意見を踏まえ、行書と草書で数パターンを揮毫しました。
その中から選ばれたのが、草書で仕上げた写真の「龍」です。

背景パネルの長辺は約70センチ。
銀色の輝きが映えるよう、深い濃紺で塗装しました。

パネルも特注品です。
 

創業は江戸時代末期。

古いお店のファサードにあるショーウィンドーに飾っていただいてます。
前の通りから誰でも眺められるポジションです。

林龍昇堂さんのブログでもご紹介いただきました >>>

とても気に入ってくださっているとのこと。
光栄です。

輝きを放ち、天に向かって立ち上るこの「龍」のように、
お店も益々繁栄しますよう願っております。

このたびはオーダーをいただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

 

●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道


コメント

コメントする









▲top