かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 和鏡&書 コラボレーション企画展 展示風景 Vol.1/紅椿それいゆ | TOP | 【書道サロン/京都】 5月 細見美術館 かわせみ書道サロン 定例講座開催 >>

2016.04.29 Friday

和鏡&書 コラボレーション企画展 展示風景 Vol.2/紅椿それいゆ

【和鏡&書 〜ひかり いのり〜】企画展
引き続き、Vol.2ではかわせみのソロ作品をご紹介します。

テーマである「光」と「祈り」をイメージした作品を中心に、
すべて初披露となります。

Vol.1はこちら >>>



※サイズ表記は紙の寸法です。




「雲母 〜きら」 (半切1/2)

額の下部にブルーとシルバーの箔を散らしました。
施してくださったのは、伝統工芸士の村田絋平氏。





「掌」 (縦200×横125mm)

個性的な丸額を使い、書とともに懐の広さを表現しました。





「般若心経」 (半切)

私のソロの中では、この作品がメインとなります。

目指したのは懐素の「狂草」。
草書を多用し、かわせみオリジナルの「般若心経」を完成させました。

一枚書き上げるのに約40分。
全神経を集中させ、お経を唱えるように筆を走らせました。





展示風景。

手前右の作品は「空」。
クリアなアクリルにしつらえ、スタイリッシュに。
和洋、どんな空間にも合う作品です。





「ただ祈る」 (縦300×横600mm)

思い切って余白をきかせ、
モノトーンの額装でシンプルに仕上げた作品。





「凛」 (半切1/3)

旧作ですが、展示は初めて。
ずっと手元に残していたお気に入りの作品です。





「輪廻」 (半切1/4)

勢いよく書き上げました。

米桑&竹のフレームに、鶯色の正絹地。
こだわりの額装です。





「花散里の句」 (半壊紙)

月影の
宿れる袖はせばくとも
留めても見ばや
あかぬ光を     
<源氏物語 第十二帖 須磨>


今回、仮名の作品にもチャレンジしました。

花散里から光源氏への恋の歌。

恋は祈り。
淡いピンク色の料紙に、切ない想いを優しくしたためました。





「種田山頭火の詩」 (二曲屏風)

山あれば山を観る
雨の日は雨を聴く
春夏秋冬      
あしたもよろし
ゆふべもよろし

卓上の小さな屏風に、3色の紙で彩りよく仕上げました。

山頭火の境地を書で表現するのは、なかなか難しいことですが、
奇をてらわず、素朴な書風を目指しました。







ご観覧くださった皆さま、
楽しんでいただけましたでしょうか。
お心に、響きましたでしょうか。

お忙しい中、お運びくださいまして本当にありがとうございました。

この場を借りて、心よりお礼申し上げます。






●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90


JUGEMテーマ:書道

コメント

コメントする









▲top