かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 第67回 日本書芸院展 漢字部門 大賞 受賞 | TOP | 【篆刻教室】 3月 堺・cafeらるご教室 定例講座開催 >>

2013.03.27 Wednesday

直木賞作家 安部龍太郎 氏 落款 「龍」

今年、第148回 直木賞をご受賞された小説家の安部龍太郎先生。

先日、京都の某所にて受賞お祝いの会が催され、
僭越ながら、私も参加させていただきました。

安部先生を直接存じ上げているわけではありませんが、
京都では何かと良いご縁に恵まれ、お誘いを受けました。

大阪から友人と一緒に参加しましたが、その友人が安部先生のファンで、
「サインに押す落款(らっかん)をぜひプレゼントしたい!」とのこと。

そこで、私が依頼を受け、彫らせていただくことになりました。




「龍」

書体は金文(きんぶん/中国・殷〜周時代に発達した青銅器に鋳込まれた文字)です。

正方形・白文の落款はすでにお持ちでしたので、
今回は、楕円形・朱文の印をデザインさせていただきました。




石は、いつか使おうと思ってずっと手元に置いていた、
「龍」の彫刻入りの青田石。

友人と一緒にプレゼントしたところ、
とても喜んでくださいました。




私もサインの列に並んで、受賞作「等伯」に署名をいただきました。
早速、差し上げた落款を押してくださって、感無量!

自分では、まずまず気に入った印が彫れたと思ってますが、
安部先生はいかがでしょうか。

快く使っていただいて、本当にありがとうございます。
サイン本は、我が家の家宝にいたします。

このたびの直木賞ご受賞、誠におめでとうございます。

かわせみの落款印、末永くご愛用いただければ嬉しいです。



●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com


JUGEMテーマ:アート・デザイン

コメント

コメントする









▲top