かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 雅号印 朱文 | TOP | 【書道サロン】 1月第1 細見美術館 かわせみ書道サロン 定例講座開催 >>

2013.01.05 Saturday

茶道 表千家 おけいこ Vol.9/平成25年 新春

いつの頃からか、我が家ではお正月に、
身内だけのお茶会を行うのが恒例になってます。

お茶会といっても、そんな大層なものではなく、
ただお抹茶を点て、お菓子をいただくだけの簡素な会です。

使うお道具も、普段のおけいこと何ら変わりはありませんが、
床の間だけは新春バージョンに!




床の間の小さな空間を大胆に演出する「結び柳」。

しだれ柳を輪で結び、畳を引きずるほどに長く垂らします。
竹筒の花器には侘助を一輪。
お正月や初釜用の床飾りです。

青々とした柳を丸く結んだ姿は、生命力の象徴といわれたり、
旧年と新年を無事に結んでいく、という意味も込められています。
また、柳の輪=「和」や「円満」をあらわすとか。

ちなみにお軸は、私が7年前に書いたもの。
中国・北魏調の楷書です。

「郷心新歳切」  郷心(きょうしん) 新歳(しんさい)に切なり

中国初唐の詩人、宋之問(そう しもん)の五言律詩「新年作」の一句。

新年には故郷を思う気持ちが切々とこみあげる……
そんな意味です。




茶碗と茶入れの置き合わせ、OK。




生菓子五種。
梅や菊、椿など、おめでたいモチーフたち。




炭がパチパチとはぜる音に癒され、
あたたかさが裾からじんわりと沁みてくる。

茶道はやはり、冬の炉がいちばんいい。

今年こそは、茶道のおけいこもちゃんとやろう。
年初にはいつもそう思うのですが、今年はどうなりますやら……。



●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com


JUGEMテーマ:茶道

コメント

コメントする









▲top