かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 福島 「絆」 筆文字寄せ書き | TOP | 挨拶状ドットコム 暑中見舞い ランキング 1位! >>

2012.07.01 Sunday

レストラン ヴァリエ/フランス料理 (大阪市北区)

久しぶりに教室のない週末。

たまにはいいもん食べたいね、ということで集まった古い友人との女子会。
レストラン ヴァリエ」は、数年前にも同じメンバーと行ったフレンチですが、
以前は大阪・福島にあった隠れ家的なプチメゾン。

元ホテルプラザの名フレンチで腕を鳴らしたシェフ、高井 実さんが開いたお店で、
現在は中之島に移転し、三越伊勢丹にも姉妹店を出すなど、
いつの間にかゴージャスなグランメゾンへと出世した人気店です。

価格的にディナーは気が引けたので、ひとまずランチにて。

ちなみにグルメのブログは久しぶり。
どれも渾身の一皿だったので、ご紹介したくなりました。




冷たいとうもろこしのスープ ジャガイモのアイスクリーム添え

真ん中に浮かぶ白い島がジャガイモのアイスクリーム、
ほんのりスフレ状のイエローの海がとうもろこしのスープ。

スープは、キンと冷えたシェイカーを使い、
スタッフが目の前で「シャカシャカ」してから、各皿に注いでくれました。

まったり、でも冷たくてとても爽やかな喉ごし。
「シャキシャキ」としたとうもろこしの食感も同時に楽しめます。




茄子と京野菜のサラダ プロヴァンスのスタイルで

パリパリに焼いたパルミジャーノ・レッジャーノを「帆」に見立て、
京野菜にトマトの酸味をきかせた夏の小船。

水玉ソースが可愛い。




本日のお魚料理 
三重県産の鯛とヒイカ ズッキーニのソース添え

運ばれた瞬間、磯の香りが立ち込めました。

海の幸を香ばしく焼き上げ、
鯛の身はクリクリ、ヒイカはプルンとやわらかい。

ソースも夏らしい。




シャロレー種 仔牛ヘレ肉とフォアグラ “ロッシーニ”

このメイン料理がいちばんのお目当て。

肉厚のフォアグラとレアのヘレ肉に、
香ばしく、濃厚なソースが絡まり合いながら、舌の上でとろけます。

フォアグラとお肉を同時に口に入れるのが、贅沢の極み。
そうそうできない行為です。

一同、言葉をなくして悦に浸る。




本日のデザートより
アールグレイ フレーバーブリュレ 
ミルクエスプーマ オレンジチュイルのハーモニー

アールグレイが香る上品なコクのあるブリュレに
ごく薄く焼き上げたクッキー生地を巻き、
ムース状のミルクをドームのように盛り上げてます。
手前のイエローの粉は、“オレンジシュガー”だそう。

複雑なネーミングに反して見た目はシンプルですが、
中のアールグレイがしっかりと主張しています。
口の中でフワッと消えていくような繊細な食感で、奥深さを感じました。

目にも麗しく、お味は言うまでもなく素敵。
ですが、以前の福島店よりずいぶん敷居が高くなり、
気軽に足を運べなくなってしまいました。
好きなお店が出世するのは嬉しいですが、なんとなく複雑な気持ちですね。

でも、また特別な日に、必ず訪れたいフレンチです。

ごちそうさまでした。


【レストラン ヴァリエ】

 大阪市北区中之島3−3−23 中之島ダイビル2階
 06−4803−0999 月曜定休
 http://www.restaurant-varier.com/




●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com


JUGEMテーマ:グルメ


コメント

コメントする









▲top