かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 【書道教室】 6月第3 心斎橋・まほろば教室 定例講座開催 | TOP | レストラン ヴァリエ/フランス料理 (大阪市北区) >>

2012.06.29 Friday

福島 「絆」 筆文字寄せ書き

昨年12月、心斎橋・南小学校にて「出前授業」をさせていただき、
子供たちと巨大な筆文字の寄せ書き「絆」を仕上げました。

※出前授業の模様はこちら
↓↓
Vol.1 http://blog.kawasemi-style.com/?eid=1241201
Vol.2 http://blog.kawasemi-style.com/?eid=1241202


この出前授業は、地元の「鰻谷商店会」と「スポニチプラザ大阪」が共催し、
被災地・福島へエールを送る「元気・勇気を届けよう!」活動の一環。

当初、福島県内の小学校へ寄贈する予定でしたが、なかなか1校に絞ることができず、
スポニチプラザさんのはからいで、「ラジオ福島」さんへ贈呈することになりました。

贈呈式はすでに終わっており、今は「ラジオ福島」にて、
この「絆」はしっかりと生きてます。

そしてこのたび、同局のアナウンサーの方々から、
お礼の寄せ書きが届きました。

ありがとうございます!




現地へ赴き、私のかわりに受け取ってくださったのは、
スポニチプラザ大阪・運営委員長の山本一光氏。
早速、山本氏が写真を送ってくださいました。

福島と大阪、少々遠くて私はなかなか出向けませんが、
離れていても、お互いの心はちゃんと通じているんだと、
頂戴した色紙を見て、胸が熱くなりました。

「絆」が結んだこのご縁は、これからも大切にしていきます。




ラジオ福島の玄関ロビーにて。

この写真も、山本氏から届いた1枚。
右端が大和田編成局長、他は福島大生です。

60人分のメッセージがこもった「絆」の寄せ書き。

これからもずっとずっと、福島の皆さんへ元気と勇気を届けれられますように。



●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com
 

JUGEMテーマ:書道

コメント

コメントする









▲top