かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 時計草 | TOP | 【書道教室】  しなやか書道 in 鰻谷塾 6月講座開催 >>

2012.06.08 Friday

一文字書  「季」 /出産祝い

5年前、かわせみブログのオープン当初、
初めての連載記事としてウェルカムボードの制作風景を、
たくさんご紹介させていただきました。

そのウェルカムボードを式場に飾り、5年前に結婚されたお友だちの彩香さん。
このたび、待望の第一子(女の子)をご出産されました。

※ウェルカムボードの完成品はこちら>>>

お祝いを何にしようか。
いろいろ考えた結果、やはり私にしかできないものを!と思い、書の作品を贈ることに。
お名前の一文字を揮毫し、純白の額におさめてプレゼントしました。




命名 : 「季乃」(きの)

生まれたのは、3月11日 午前1時11分。
誰しも記憶に残っている、あの3月11日。
しかも、時間まで1並び。
数奇なご出産でした。

予定日は20日頃とお聞きしていたのですが、
11日、とつぜん出産報告のメールが届いてびっくり。
日時を見て、私も鳥肌が立つほど驚きました。

お名前を「季乃ちゃん」に決めたのは、

「季節がうつろう3月、たくさんの自然のいのちが芽吹く頃、
 生まれてきてくれたことに感謝して名付けました」(彩香さん談)

四季からもイメージするように、
「季」は自然の豊かさを感じる日本的な漢字。
私自身もぜひ書いてみたいと思いました。




「季」の原書。

木々がのびやかに枝葉を伸ばすように、爽やかな風が吹き抜けるように、
自然のように大らかで悠々としていながらも、
しっかりとした強さも併せ持った、芯の通った女の子。

これが、私が書に託した季乃ちゃんのイメージです。




フレームは、いつもお世話になってる堺の額専門店「栄造」さんで見つけたもの。
丸みのある「かまぼこ型」のフレームは、
5年前のウェルカムボードとおそろいのデザインです。

今回使用している布は、吉祥柄が入った古い襦袢地。
光沢のある純白の絹で、ピュアな雰囲気が出産祝いにふさわしいと思い、即決しました。
布は額職人による手貼り。
栄造さんの完全オリジナルフレームです。

完成まで少々時間がかかってしまいましたが、
作品は先日、彩香さんの福岡のご自宅にお送りしました。

いつまでも手元に置いて、眺めていただけたらうれしいです。



●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com


JUGEMテーマ:書道

コメント

しま子さん、お便りありがとうございます!

一文字書、気に入っていただけて嬉しいです。
純白の襦袢地の額とタイミングよく出会えたのも、
ほんとに奇遇なご縁だなと思ってます。

先日は季乃ちゃんとお初にお目にかかれて、よかったです。
自然のように大らかでのびやかに、
これからもすくすくと成長されますこと、願っております。

2012/07/22 11:25 AM by kawasemi
こんにちは!
出産祝にいただいた一文字書、
ブログにアップしていただいたのに、
拝見するのが遅くなってごめんなさい。

緋色の背景で撮っていただいたお写真、
ぞくっとするほど艶めかしいです。
リビングの中心に飾っていますが、
昼の光、夜の光で全然印象が違って
夜は額装の襦袢地の模様がすごくいきてきます。

娘が大きくなったら、自分の名を誇りに
思ってくれるような素敵な書をありがとうございました。

かわせみさんのイメージどおり、
のびのびと、風のように(時に暴風)
目にも止まらぬ勢いで成長しています。
木が好きで、いつまでも風にゆれる葉っぱを
眺めている子です。

また折に触れ、成長をご報告しますね!
2012/07/20 6:30 PM by しま子

コメントする









▲top