かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 【書道】 5月第2 心斎橋・まほろば教室 定例講座開催 | TOP | 紙切り 林家正楽 作品 >>

2012.05.27 Sunday

寄席 心斎橋 若松 (落語・紙切り) 開催!/大阪市中央区

5月26日(土)、大阪・ミナミの老舗料理屋「若松」さんにて、
昨年に引き続き「寄席 心斎橋・若松」が開催され、行ってまいりました。

今回のフライヤーのタイトルはかわせみが揮毫。
いつもお世話さまです。




会場に額入りで飾っていただきました。
どうもありがとうございます。

「紙切り」で有名な林家正楽師匠をお江戸からお迎えし、
上方落語との競演を楽しむこのイベント。

会場は、私も書道講座によく使わせていただいてる「若松」さんの2階座敷。
8畳ほどのお部屋に高座をしつらえ、
プライベート感ただよう密室で古典芸能を堪能できます。

ホールなどでは通常、写真撮影はもちろん禁止ですが、
ここでは演者さんと若松さんのよしみもあり、撮影OKです。




まずは林家染吉さんの落語から。

1席目「金明竹」(きんめいちく)。
上方男の口上が見せ場です。




続いてメインゲスト、林家正楽師匠。

突拍子もないお客の注文に応じ、なんでも切り抜く正楽師匠。
体を揺らしながら軽妙に鋏を走らせ、
小気味よいおしゃべりも一緒に披露しつつ、待つこと1、2分ほど。
ため息のでるような精巧な切り絵が出来あがります。

まさしく、一発勝負の瞬間芸。

その技の裏には、切って切って切りまくる!という長年の地道な努力が。
出待ちの楽屋でも切っておられるそうです。

私もご注文させていただきましたが、
作品はまたのちほどご紹介します。




お召しものを変えて、2席目の染吉さん。
上品な薄茶の紬です。

演目は、「癪の合薬」(しゃくのあいぐすり)。




高座組替えのあと、最後にもう一度、正楽師匠の登場。
次はスライドを使い、様々な影絵を見せてくださいました。

美空ひばりさんの「悲しい酒」にのせて。
眼が真剣です。

さて、終演後は1階のお店に移り、
ゲストのお二人を交えて打ち上げを開催。

お酒を呑むとさらに陽気になる正楽師匠、
スーツに着替えて宴席に参加された律儀な染吉さん。

江戸と上方の芸の違いや、先日竣工した上方落語協会会館の裏話など、
業界に精通したお二人の話はかなり興味深く、刺激的でした。




締めは若松の大将、大ちゃんのジャンベ。
貸切のスペシャルな宴席では恒例です。

大サービスで長時間叩き続ける大ちゃん、汗びっしょり。
ステージも数え切れないくらいこなしている彼の芸も、本物です。

そんなこんなで夜も深まり、私は終電の時間を気にしつつ帰路につきました。

次回のブログで、正楽師匠の紙切り作品をご紹介しましょう。
つづく…。



●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com


JUGEMテーマ:芸能

コメント

コメントする









▲top