かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 筆文字 額作品 「凛」 Vol.2 | TOP | 【書道】  しなやか書道 in 鰻谷塾 5月講座開催 >>

2012.05.06 Sunday

イトウヤエ 作品展/高島屋 大阪店

昨年出会った陶芸家のイトウヤエさん。
同じ年齢ということもあり、以後、おつきあいが続いてます。
以前も個展を拝見したり、精力的にご活躍です。

そんなイトウさんが今、高島屋大阪店で作品の展示販売をされています。

大阪のものづくりを取り上げた「大阪の志」というイベントで、
高島屋のほうからオファーがあったそうです。
ご興味のある方は、ぜひお運びくださいませ。


【イトウヤエ作品展】

 ◎5月8日(火)まで
 ◎高島屋大阪店 6階 和食器売場 “ジャパンギャラリー粋”




私もひとつ購入させていただきました。

高台がきゅっとくびれたお鉢。
鉄釉と灰釉を二重に施し、独特の艶を生み出しています。

口縁が紙のように薄く繊細で、手に取るときはそっと、大切に。
そんな儚げな表情がイトウさんの作品の魅力です。

余計な装飾は一切施さず、ミニマムを追求。
実用よりも「美しく見えるプロポーション」を優先し、
まるでオブジェのようにクールでスタイリッシュ。
インテリアに映える器です。
私はこのお鉢に花を生ける予定。

白バージョンもあり、白はもっとミニマムでピュアなイメージ。
とにかくシンプルですが、ろくろ引きのあとが手仕事のあたたかみを伝えてくれます。

仕事柄、作家さんと出会う機会もそれなりに多く、
縁あってつながった方の手仕事の作品を、
徐々に集めていこうと思ってます。
そういうわけで、イトウさんの作品も購入させていただきました。

私にゆかりのある方の作品は、単にデザインがいいとか素敵だとか、
そんなことだけではなく、手に入れるまでのストーリーがあります。

ストーリーのある“もの”は、私にとっては深く、愛着がたっぷり。
作品を見れば、作家さんのことをいつも思い出し、
応援したいという気持ちにもなります。

どれも1点ものの大事な作品ですから、そうそう沢山は買えませんが、
少しずつ、身近に増えていったらうれしいです。




●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com


JUGEMテーマ:アート・デザイン

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
2017/10/28 3:18 AM by -

コメントする









▲top