かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< メタリック墨 アート書道展/スポニチプラザ | TOP | 【篆刻】 12月 堺・cafeらるご教室 定例講座開催 >>

2011.12.14 Wednesday

ライブ書道 「絆」 /スポニチプラザ

12月11日(日)17時〜、東心斎橋・スポニチプラザにて開催された
ブルースシンガー・Nacomiさんのライブ。
その壇上で、ライブ書道を披露させていただきました。




ブルースのライブなのに会場は明るい。
お客さま一人ひとりのお顔がよく見えます。
見えるだけに緊張する。。。

実は、11日は堺・cafeらるご教室で今年最後の篆刻講座を行っていたため、
私が会場へ到着したのは18時半頃。

ライブを観賞する暇はなく、事前の打ち合わせもほとんどなしで、
着いたら準備をしてすぐに書く!という状況でしたが、
Nacomiさんの唄に合わせ、なんとか無事に揮毫することができました。




「絆」

スポニチさんのテーマが「今こそ生かそう“絆”の力」ということで、
主催者からのご要望もあり「絆」の一文字を書かせていただきました。

大道具さんがこしらえてくださった、
私の背丈以上もあるパネルに和紙を貼り、立ったままで揮毫。
「半」の縦の線が、とても気持ちよく書けました。

私が書いた翌日に、清水寺の森貫主さんも、今年の漢字「絆」を揮毫されていました。

日本のみならず世界の各地で発生した甚大な自然災害、そして不況。
窮地に追い込まれた今の世の中を乗り切っていくには、
何よりも人と人とのつながり、心を通わせるのが大切だということを、
この「絆」の一文字があらわしています。

先日の南小学校の出前授業でも、子供たちの前で「絆」を書きました。
誰もが大切だと思っている「絆」を、
今年は大勢の人たちの前で2回も揮毫させていただき、
そんな重要なシーンを私に与えてくださった方々に感謝します。




Nacomiトリオ。
ギターは森俊樹さん、パーカッションは中村岳さん。

今回のステージではライブの看板も揮毫。
かわせみの落款入りの看板は、Nacomiさんに差し上げました。

昨日ご紹介したメタリック墨のアート書道の作品「幸福」と、
ライブで書いた作品「絆」は、
しばらくスポニチプラザさんで展示されます。

ミナミへお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ。


スポニチプラザ】 

 大阪市中央区東心斎橋1−19−11 鰻谷スクエア
 ※地図はこちら>>>



●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com



JUGEMテーマ:書道
JUGEMテーマ:アート・デザイン

コメント

コメントする









▲top