かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 【篆刻】 6月 堺・cafeらるご教室 定例講座開催 | TOP | 【書道】 6月第3 心斎橋・まほろば教室 定例講座開催 & 講座日変更のお知らせ >>

2011.06.24 Friday

京展 2011/黒小箱−工芸的建築

私のおともだちで、建築家の中村博明さんがつくられた『黒小箱』。
かわせみブログでは、何度かご紹介させていただいてます。

約2年前、「朝日現代クラフト展」に入賞。
そして今年、さらにバージョンアップした『黒小箱』が、
全国規模の公募展「京展」に入選されました。




建物のような佇まいを見せる『黒小箱』。
中村さんにとってこの『黒小箱』は、
「工芸的要素を備えた小さな建築」なのです。




切妻屋根のおうちのよう。

木の屋根の部分が蓋になっており、
中に大切なものをしまえる仕組み。

何気ないシンプルなデザインですが、
実は、ものすごく手が込んでいて、
まさしく一から躯体を積み上げるように、
じっくりと時間をかけて創造されています。

もともとは、「篆刻印」をおさめる箱としてつくられたものです。

私はその端整なフォルムがものすごく気に入って、
結婚のお祝いにあげる「落款印入れ」として譲っていただいたり、
「朝日現代クラフト展」の入賞作品を自身でも購入したりと、
なにかとご縁のある作品です。

ここ何年かのあいだで、『黒小箱』のデザインは進化を遂げています。
その過程をずっと眺めてきただけに、
中村さんから入選や入賞のお知らせが届くたび、
自分のことのようにほんとに嬉しく思います。

一昨年にご紹介した『黒小箱』のブログで、
初期の作品や「朝日現代クラフト展」の入賞作品、
中村さんのコメント等々、詳細をご覧いただけます。


※『黒小箱』 その1>>>
※『黒小箱』 その2>>>


『黒小箱』は、建築家が築いた小さな宇宙。
思わず蓋を開けて、中をのぞいてみたくなります。

ご興味のある方は、ぜひ京展へ。


【2011 京展】

 ・会場/京都市立美術館
 ・日時/6月30日(木)まで 9時〜17時 月曜休館





JUGEMテーマ:アート・デザイン

コメント

このたびはご入選、おめでとうございます!
今回の作品も、素敵ですね。

新作、できたらぜひまた見せてください。
2011/06/28 5:36 PM by kawasemi
いつもいつも、過分なご紹介で恐縮です。ありがとうございます。こんどは、額縁をいろいろ試行錯誤しています。いいのが出来たら、また見てみて下さい。
2011/06/28 12:16 AM by 中村です。

コメントする









▲top