かわせみの生活 ブログ / 和の暮らし 一期一会

伝統的な和のアイテム、文房四宝、四季折々の自然。忘れかけた古きよき日本の姿を、かわせみの視点でご紹介。
和文化の中で愉しむ密かな一期一会は、かわせみの創作の原点です。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.05.30 Thursday

唐招提寺 中興忌梵網会(うちわまき) 宝扇 揮毫

私の恒例行事でもある奈良 唐招提寺 中興忌梵網会(うちわまき法要)。
今年も宝扇に揮毫させていただきました。

令和元年5月19日、唐招提寺中興の祖 覚盛上人770年御遠忌ということで、
行事は盛大に執り行われました。


境内に展示していただいた私の宝扇。
揮毫は4度目になります。

ハート型の可愛らしいうちわです。


今年は、「雨過天晴」(うかてんせい)という言葉を選びました。
草書体です。

雨がやみ、空が晴れ渡り明るくなる―。

悪い状況や苦しい事態が良いほうへ向かう、そんな意味です。

今、なかなか思い通りに進まない仕事をかかえ、早く「雨過天晴」となりますように…。
自らの書に願いを込めました。

ちなみに私のお隣に飾られた宝扇は、
なんと「令和」の考案者といわれる万葉集専門の国文学者、中西進先生!

たいへん光栄でした。

 

芸術家、哲学者、茶道家、華道家、小説家、芸能人…etc
各界を代表する著名な方々のお作品と一緒に、
私の宝扇も飾っていただき感無量です。


梵網講讃(法要)が始まると、中庭では舞楽の奉納舞が行われます。


「南都晃耀会」による奉納舞。


「蘭陵王」(らんりょうおう)」の舞。

貴重な舞楽を間近で堪能。
鮮やかな装束が新緑に映え、とても美しい舞台でした。


梵網会の日は、寺内のいろんな場所に「貼り交ぜうちわ」の屏風が展示されます。

4年前に揮毫した拙作を見つけました。


行事のクライマックス「うちわまき」。

国宝の鼓楼から、500本の宝扇が参拝者にまかれます。
宝扇には魔除けのご利益があるそうです。

今年の行事は日曜日と重なり、境内は大賑わいでした。

来年もよろしくお願いいたします。



 

 

 

●かわせみスクール 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 
http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
 
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道

JUGEMテーマ:アート・デザイン


2019.05.01 Wednesday

令和 元年 ご挨拶

令和改元 おめでとうございます。

美しく麗しく、
そして日本が未来に向かい、右肩上がりになりますよう。

そんな願いを込めて。

心より、祝福もうし上げます。


書・写真/川瀬みゆき

 

 

 

●かわせみスクール 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 
http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
 
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道


2018.02.01 Thursday

墓石 筆文字 「和」

昨年のことになりますが、愛知県にお住まいのM様からのご依頼により、
墓石に刻む筆文字「和」を揮毫させていただきました。

これまでも何度か墓石文字「和」を手掛けていまして、
このブログでご紹介しております。

それを見てくださったM様が、私の筆文字をたいへん気に入ってくださり、
このたびのお仕事につながりました。

未来永劫、脈々と受け継がれるお墓は、ご家族のシンボルです。
その大切な墓石に私の筆文字を刻んでくださること、
たいへん嬉しく光栄であるとともに、重責も感じながら、
いつも真摯に「和」の文字と向き合っています。

今回の「和」も、温かさ、優しさ、強さを心に留めつつ、
ゆっくりと筆を運びました。

“丸く柔らかい旁(つくり)の「口」が、家族の輪をイメージさせる”

M様より頂戴したご感想です。

素晴らしいお仕事をさせていただき、
本当にありがとうございました。



(※作品の転用はお断りいたします)
 

 

●かわせみの学校 書道・てん刻講座 開催中!●
  【講座一覧】 
http://www.kawasemi-style.com/07school.html
  【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
 
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道


2017.12.31 Sunday

平成29年 大晦日 ご挨拶

今年はかわせみスクールの創設から10周年を迎えました。

記念のイベントを開催させていただくなど、
多くの方々のお世話になり、支えられ、
叱咤激励のお声をたくさん頂戴した一年でした。

ご縁に感謝、健康に感謝、多忙に感謝…

言葉では語り尽くせないほどの感謝を、自らの書に込めました。

来年も謙虚な精神を忘れず、何事にも心を尽くしたいと思います。

平成30年も、かわせみを何卒よろしくお願い申し上げます。


 

 

●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道


2017.12.30 Saturday

〜能面&書〜 大月光勲・川瀬みゆき 作品展示中/京都・本田味噌本店

昨年に続き、この年末年始も「本田味噌本店」にて、
能面師・大月光勲先生と作品を展示させていただいてます。

私の書は、昨年とは異なる額作品です。

※前回の展示風景はこちら >>>


大月先生の能面は、「翁」「増女」「菊慈童」。

拙書は、本田味噌様のテーマ「雅醇豊醸 世紀醸香」。


天保元年(1830年)創業の風格ある本田味噌本店。
新春は、お正月飾りで艶やかに彩られます。
京都へお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。


◆場所/本田味噌本店 (京都市上京区室町通一条上ル小島町558)

◆時間/10時〜18時 ※日曜定休


※展示期間は2018年1月中旬頃まで
 

 

●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道


2017.11.22 Wednesday

比叡山延暦寺 オリジナル扇子 和歌 <秋>

世界文化遺産「比叡山延暦寺」×書家「川瀬みゆき」のコラボ扇子 第2弾!
秋バージョンが完成しました。


春バージョンの夜桜に続き、秋も妖艶な夜もみじ。
モノトーンの夜景に金字の和歌が光る、大人クールな扇子です。

春バージョンの扇子はこちら>>>


世の中に
山てふ山は多かれど
山とは比叡の
御山をぞいふ 

延暦寺ゆかりの慈鎮和尚の和歌をしたためました。


非売品のオリジナルグッズです。

延暦寺 西塔エリアで開催中の「もみじ祭り」にて、
抽選で当たったラッキーな方へプレゼントいたします(11月23日まで)。

紅葉も終盤ですが、ぜひお出かけくださいませ。
 

 

●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道


2017.06.07 Wednesday

唐招提寺 奉献うちわ 揮毫/2017年

昨年に続き、奈良・唐招提寺さまの「全国諸名士揮毫 奉献うちわ」に
書作品を書かせていただきました。

2016年のうちわ作品はこちら>>>
 

去る5月19日、毎年恒例の中興忌梵網会(うちわまき)法要が行われ、
奉献うちわが境内に展示されるということで、私も行ってまいりました。

 

今年、私が選んだ言葉は「我逢人」。

我 人と逢うなり。

人と人との出逢いの尊さをあらわした禅語で、
今、私が実感している言葉です。

写真では分かりづらいですが、草書で勢いよく揮毫しました。


参拝者が一斉に注目する「うちわまき」。

鼓楼の上からうちわを勢いよく投げ飛ばすシーンは、
TVニュースでもおなじみの光景です。


こちらは「絵うちわ百双屏風」。

過去のうちわ作品を屏風に仕立て、
境内にずらりと展示しています。

書や絵画、イラストなど十人十色の絵うちわは、
眺めているだけで楽しい。

中には誰もが知る著名人の作品も。


今年も大快晴でした。

唐招提寺さま、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道


2017.02.10 Friday

種田山頭火/書 調和体・近代詩文書

自主練の調和体(近代詩文書)。
種田山頭火の句です。

「この道しかない 春の雪ふる」

山頭火の覚悟の境地にふる雪は、優しい淡雪か、厳しい吹雪か…

立春を過ぎても余寒にふるえる今日この頃。

皆さんのゆく道には、どんな雪がふってますか?

 

 

 

●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

JUGEMテーマ:書道


2016.06.08 Wednesday

般若心経/京都・本田味噌本店

今年四月に開催した企画展 「光 祈り」(於 紅椿それいゆ)。

その会場にて、書のメイン作品として展示した「般若心経」は、
私のもとから旅立ちました。

いま、京都老舗「本田味噌」さんの本社玄関に飾っていただいてます。





来客の方もよく立ち止まって眺めておられるそうです。

その都度「狂草」の説明をしていると、
本田社長様がうれしそうに語ってくださいました。





つくばいのある和の玄関に、しっくりと馴染んでいます。




この作品は、室町通りにある本店に展示中です。

「雅醇豊醸 世紀醸香」

本田味噌さんのシンボルとなる言葉で、
一昨年、「百味展」のために揮毫させていただきました。

※京都・百味展のブログ
http://blog.kawasemi-style.com/?eid=1241577

こちらのほうは店内ですので、どなたでもご覧いただけます。





江戸時代創業、風格ある店構えの本田味噌さん。

京都へ行かれたときは、ぜひ寄ってみてください。





●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90

 
JUGEMテーマ:書道

2016.04.01 Friday

和鏡&書 コラボレーション企画展 般若心経

4月に入りました。
今年はお花見を楽しむ暇もないほど、連日アトリエにこもり、
展覧会&ライブ書道の準備、制作にいそしんでおります。

鏡師・山本晃久氏と川瀬みゆきのコラボレーション展示
【 ひかり いのり 〜和鏡と書〜】

開催まであと1週間と迫りました。

ギリギリまで粘って仕上げた作品「般若心経」の一部をご紹介します。




全276文字の9割以上を草書で走り書きしました。

目指したのは、中国・唐代の僧、懐素の「自叙帖」。

筆が縦横無尽に疾走する「狂草」です。

ぜひ会場でご覧くださいませ。


-----------------------------------------------------------
【 ひかり いのり 〜和鏡と書/出会い・共創〜 】 企画展概要

◆会期:4月8日(金)〜4月17日(日)
◆時間:12時〜18時 (最終日は17時まで)
◆会場:紅椿それいゆ

 京都市中京区壬生御所ノ内町46−1
 http://www.benitsubaki-soleil.jp/

-----------------------------------------------------------




●かわせみスクール書道・てん刻講座 開催中!●
【講座一覧】 http://www.kawasemi-style.com/07school.html
【お問合せ・予約先】 info@kawasemi-style.com

◆かわせみのfacebook◆
https://www.facebook.com/miyuki.kawase.90


JUGEMテーマ:書道

▲top